タブレットposの導入

タブレットposレジの導入で様々なメリットを得ることができます。例えば、コスト削減やデータ集計の自動化などがメリットとして挙げられるでしょう。他にも沢山のメリットがありますので、これから紹介していきます。

タブレットposのメリット

コスト削減

一般的なposシステムではレジ端末が何十万として、販売情報集計システムの導入にも金額の負担がかかります。そのため、初期費用で100万円を超える可能性も十分にあります。しかし、タブレットposでは、端末本体も数万円とお得で導入費用もそれほどかかりません。

管理機能が充実

タブレットposが従来のレジよりも優れているのは、この管理機能も一つとして挙げられます。リアルタイムでの売上管理、売上集計の自動化、簡単な在庫処理など様々なツールで自社の仕事を最適化できます。

分析機能で経営戦略を立てる

タブレットposには、販売データをクラウド上で集計するだけでなく、商品ごとの売上傾向を分析することも可能です。そのため、どの商品が人気がある、人気がないを明確化することができるので、具体的な経営戦略を立てやすいです。

商品の情報を瞬時に引き出せる

プロモーションツールとしてもタブレットposは優秀です。予め、商品の画像や詳細情報を登録しておけば、商品がなくてもお客様にその場で商品の魅力を伝えることができます。また、商品知識の少ないスタッフでも、簡単に商品の説明ができるのも魅力的です。

アルバイトでも簡単に使える

従来のレジでは操作を覚えるのに、ある程度の時間やコストがかかっていました。しかし、タブレットposは従来のレジと違い、タッチパネル式ですから、直感的操作することができアルバイトや初心者でも簡単と言えるでしょう。

タブレットposとレジスターを比較

タブレット

タブレットposとレジスター

現代では、飲食店、小売店、美容室、エステなど様々な店舗によってレジスターが導入されています。しかし、最近では、タブレット端末を利用したタブレットposが普及し始めていて、注目を浴びています。

キャッシュレジスターについて

キャッシュレジスターとは、飲食店や小売店によく見かけるボックス型のレジになります。また、キャッシュレジスター本体と一体化したドロワーによって、売上金や釣り銭を保管することができるのが特徴です。

機能性の違い

レジスターよりもタブレットposが選ばれるようになった理由は、データ集計や管理が優れているからでしょう。もちろん、キャッシュレジスターにも様々な機能が実装されていますが、タブレットposはそれを超える多機能でマーケティング戦略に大きく役に立ちます。

タブレットposに関する口コミ

テーブル会計ができる

タブレットposを導入して良かったと思う点はテーブル会計ができるということでしょう。お客様がテーブルや座席を離れることがなく会計ができるので、顧客満足度が高いです。タブレットposを導入したおかげか顧客のリピート率も高まっていてすごく満足!(飲食店 男性)

顧客情報の管理が楽

私は美容室で働いていますが、タブレットposを導入することで仕事がやりやすく助かっています。タブレットposではお客様の過去の髪型からその時のサービス内容を確認できます。そして、そこからお客様に似合う髪型を紹介することができて、美容室の評判もアップ♪(美容室 女性)

クレームが減った

以前はレジスター、一台で仕事をしていたため、どうしてもレジ待ちの状態が多くお客様に不愉快な気持ちにさせてしまったこともあります。しかし、その問題をタブレットposを導入することで解決することができました!(飲食店 男性)

コミュニケーションがしやすくなった

タブレットposに自社の商品情報を登録することで営業が数倍やりやすくなりました!商品を持っていなくても、ディスプレイ画面の商品情報を見せることで、取引相手にどのような商品か具体的に伝えることができる!!(営業 男性)

リアルタイムで情報がわかる

タブレットposでは売上の情報やスタッフの勤怠、担当者別の売上などリアルタイムで確認することができます。そのため、出張などでお店を離れていてもリアルタイムで明確に情報をわかるので安心です!(飲食店 男性)

広告募集中