おすすめできるタブレットpos

スーツの男性

便利なタブレットposレジ

タブレットposレジは飲食店での売上管理はもちろんのこと、様々な業務を数値化することが可能です。また、直感的に操作することができることもあり、初めての方でも簡単に操作できると言えるでしょう。

情報を一元管理

posレジは各店舗の日報などを待たなくても、リアルタイムで売上や商品の在庫などを確認することができます。そして、各店舗の売上や在庫情報を確認することによって、的確な経営判断と適正な在庫を維持することが可能です。

売れ筋がわかる

リアルタイムで商品の在庫を確認できるということは、商品の売れ行きを把握できるということです。各店舗での人気商品を知っておくだけで販売推進することができ、かつ、販売戦略を立てることができます。

操作ミスを減らす

入力操作ミスを減らすことができるのも、タブレットposレジの魅力です。今まであった会計での入力ミスもボタン一つの簡単な操作で解決することができるのです。また、ハンディ端末と連動することでオーダーミスも大幅に軽減することも可能です。

タブレットposレジを導入する時の注意点

価格

タブレットposを導入する際には導入時の費用だけでなく、月額料金などもきちんと確認するといいでしょう。費用は会社によって、異なります。そのため、自社の予算に合ったサービスを受けるといいでしょう。

操作性 

そのタブレット、またはシステムの操作性が自社にマッチしているのかも重要なポイントになります。自身が使いやすいかというだけでなく、スタッフ全員が使いやすいものを導入するといいでしょう。

機能性

当然のこと、機能性が高ければ高いほど料金も高くなってきます。ですから、自社に必要な機能と不要な機能を取捨選択する方がいいでしょう。自社にとってどの機能が重要なのか、見極めることが大切です。

周辺機器

タブレットposでは、ほとんどの場合、タブレット端末以外にも周辺機器が必要になってきます。それは特に、飲食店に言えたことで、飲食店ではレシート用のプリンター、バーコードリーダー、クレジット用のスキャナーなどを用意しなければなりません。

保守性やサポート

タブレットposレジも従来のレジと同様、機械ですから故障やトラブルが発生することもあります。そんなトラブルを迅速に解決させるためにも、きちんとしたサポート体制が取られているところに依頼しましょう。

広告募集中